2021/11/6

令和3年10月理事・地区本部会議議事録





      令和3年10月理事・地区本部会議議事録

1. 開催日時及び場所
 日時  令和3年10月28日(木) 14:00~
  場所  JCビルB1 マリンルーム

出席者
大矢弘栄  對比地治夫 鶴岡征夫  江口武文 折田浩 井田仲弘 小堀 仁 富田高彦  村岡祐史  伊藤俊幸 佐藤俊明 飯島 淳 梶本由人 大澤伸一 飯塚喜隆  飯塚隆  松澤和光 山内欣一 吉田成一 川田武 矢野海彦 佐藤秀一

欠席者
小濱雅説 池田順之 鈴木眞雄 野上秀利 佐藤孝太 安富正巳 土谷利美  
松山正樹 

会議前に宮崎牛及び人材サービス会社による案内が行われた。
 *宮崎牛は生産者から会員の各店舗までの流通改善で高品質、廉価な商品提供が可能との案内があった、人材サービスについては登録方法、求職者側と雇用側のそれぞれの費用負担についての質問などがあった詳細については今後検討していく事となった。
 
大矢会長よりは、こちらの人材サービス社様には長年お世話になっており今の厳しい社会情勢に直面している会員の利便性と人材会社の双方が良い形になるよう窓口を作って検討して行きたいと思うと発言があった。
鶴岡理事長より今後何かあれば協会事務局に連絡をして下さいと話があった。

●大矢会長
コロナ禍で長い間この会議を行う事ができず経緯していたが最近ようやく下火となり何とか本日会議を開くことができました。司厨士協会としての活動もままならず会員の減少にも影響しているのが現状である何とか次の波をしのぎ、従来の活動を取り戻したい。
協会もこの度若い方の登用を主眼に組織の見直しを行いましたので今後もみなさんのより活発な意見をお願いいたします。

鶴岡理事長議事進行

●鶴岡理事長
昨年の11月に会議をおこなって以来約一年ぶりの会議となりますがよろしくお願いします。  新組織となりましたので新任の皆様に一言ご挨拶をお願い致します。
新支部長
(台東)富田高彦支部長 (江東)梶本由人支部長(太田)大澤伸一支部長
新地区本部長(城東地区)小堀仁地区本部長 
(城西地区)矢野海彦地区本部長
(城南地区)松澤和光本部長(城北本部)山内欣一本部長
各新任部長よりそれぞれ挨拶があった。

2.新年会について
●鶴岡理事長
議題として来年度の新年会について検討をお願いします。
一応予定として2月14か15日に浅草ビューホテルにお願いをしています。
次年度の新年会について皆さんの意見をお聞きし検討したいと思います。
現次点では何とか実施できればと考え計画を進めています

●小堀城東本部長
実施予定日の2/14,15両日の会場確認を再度行います、現在着席ブッフェか弁当懐石
のご用意が可能です、ホテル側としては立食形式が難しいので7人掛けの着席ブッフェを考えている。
実施時間についても会場を昼から押さえており、本日時点で解除になっているアルコールの提供は2月の開催時前での判断となる。

●江口専務
現在世論調査では70%以上が新年会を実施しない模様だが東京地方本部としての実施の可否,昼か夜か、展示商社の対応など皆さんの意見をお願いします。
従来の新年会様式よりも賀詞交歓会の形に近いと捉えていただきたい。

●鶴岡理事長
会費の額や、従来事前に申し込まず当日会場で参加の方もおり参加人数の制限を実施する
など何らかの方法が必要となると思う又従来以上の十分な告知も必要となる。

●飯塚常務
軽井沢プリンスでも今の状況では着席ブッフェのみ実施している。
質問ですが、今予定の会場は着席で何名ぐらい可能なのか?

●小堀城東本部長
約140名位かと思いますが再度確認します、また座る人数についても再確認します。
●鶴岡理事長
新年会なので長時間にならない様今回は昼の実施としたいと考えています。
展示商社さんをどうするか皆さんの意見を願いします。

●宮前事務局長
展示商社さんの参加案内を募る時に試食については問われた時の対応はどうしますか?

●飯塚常務
試食は業者さんが試食品を展示するのではなくホテルの調理場で取り分けてオンテーブルする方法ではどうか?

●宮前事務局長
事務局の不安要素として前回実施時は商社社様で60万の展示料金があったがそれでもプラス数万円の収支であった。
今回はコロナ禍で協会収支も大変厳しい状況であり協会からの補填は難しいのが現状である。

●鶴岡理事長
司会もプロでなく事務局長などを候補として考えて行きたい。
削減出来ることを再考し実施の方向で進めたいと考えます。

●江口専務
状況が悪化して万が一キャンセル時のタイムリミットは何日前になるのか?

●小堀城東本部長
ホテル営業と再確認します。

●宮前事務局長
今回の新年会はリスクを考え人数制限が必要であるならば当初から参加者数の制限を考える必要があるのではないか?

●鶴岡理事長
その点は12月に案内状を出す時に例えば先着順すると明記する方法もある。




●大矢会長
皆さんが12月の第六波の襲来を懸念しているのは十分承知している。

●鶴岡理事長
あとは会費をどうするかの問題もある。

●宮前事務局長
もし会費を下げると収支の面で心配がある。

●大矢会長
収支計算を綿密に行い開催の判断をする。

3.会計報告

担当者欠席の為宮前事務局長の代行で報告が行われた。

●宮前事務局長
2ページをご覧ください9月分の一般関係収支決算書です。
先ず収入の合計ですが会費と雑収を含めて1,454,700円です。
前年比較で60%程となります。
支出ですが1,587,481となります。支出自体は前年比較して低くなっていますが
全体を考えるとマイナス132,781円です、こちらの原因はコロナ禍で支払請求書を送っても反応が薄く会費収集に苦慮しているのが現状です会費収入がトータルマイナス170万程になっている、これは1か月分の会費収入にあたります。
と会計報告があった。

●鶴岡理事長
会計報告で明らかな様に会員数が1,000名程になっているのが現状である。
退会防止に皆様の一層のご尽力をお願い致します。

●宮前事務局長
ご参考までに会員の推移ですが年度ごとの退会数ですが平成29年で25名、30年が32名 31年が67名 令和2年が114名 3年が1月から9月までで132名 10月27日で1,076名です。従って本年度計で200名近くの退会者となります。

●鶴岡理事長
そうすると1,000名を割る事が予想される。
皆さん方よりお声掛けいただければ積極的に会長以下私共も各地区の会合に参画させてもらい会員減防止努力しますのでよろしくお願いします。

4.その他
●大矢会長
最近数件のホテルで会員の声を聞いたところコロナ禍でボランティア活動なども全々できず大変残念だとの意見を聞いた。
2年近く全く活動できないので致し方ない面もあるが状況も改善しつつあるので催事なども計画できればと考えます、反面コロナについては以前の状況の再来も警戒しなければならず大変難しいとは思いますが皆様の一層の御努力をお願いいたします。

●鶴岡理事長
各支部での新年会の予定はどうですか?

●村岡千代田支部長
本日対応の話し合いを予定しているが近年全く活動ができず高年齢の方々の対応や各事業所での活動制限など新年会以外も多々難問が続いている。

●江口専務
新組織図をご覧下さい、将来を見据えた機能性を重視し担当者を考えました
また各地区副本部長制をなくし支部との連携がより密になるよう変更しました。
会員減への対応や経費面では賃貸料への対応も考えてまいります。

●折田副会長
コロナの影響で酒類の販売ができないと経営者側の立場が非常に苦しい、現在規制が解除されているが今後再度規制が行われれば従業員も若年層の新規雇用より高齢者になりがちで新規会員獲得に結び付きにくいのが現状である。

●鶴岡理事長
次回の会議日程ですがどのような日程にするか?

●大矢会長
12月は繁忙期なので11月の末はどうか?

●宮前事務局長
新年会の告知を12月中旬までには行う必要がある。

討議の結果11月初旬に発送予定の会報誌を下旬以降に延期し新年会の告知を同封することとなった。

●山内城西地区本部長
新組織の女子部が空欄になっているが女子会員の現状を把握している各支部長から候補をあげてもらい検討してはどうか。

討議の結果次回の会議までにリストを作り検討していく事になった。

●大矢会長
今後も厳しい状況が続くかもしれませんが私も各支部へいつでも出かけますので
お声かけを遠慮せずにして下さい。




次回   令和3年11月29日(月)14:00~ 
  JCビル B1 マリンルーム 予定
  

ホームへ先頭へ前へ戻る