2009/7/10

お客さまもスタッフも楽しめる、こんな集客アイデアはいかが?

Au goût du jour(オー グー ドゥ ジュール)の 「スタッフ出身地フェアー」

 2002年10月にオープンした東京・市ヶ谷のフランス料理店「オー グー ドゥ ジュール」では、6月1日から「スタッフ出身地フェアー」を開催している。スタッフの出身地の食材を使った特別コースを、同県に関連のある人を対象に提供しているのだ。6月1日〜7月31日までは中村保晴シェフの出身地、茨城県の食材を使用して4,200円のコースを販売している。前日までの要予約で、1グループ最大4名まで。関連のある人がグループの中に1人いればOKだ(ちなみに私は「茨城県のかすみがうらマラソンに出たことがある」と言って承諾を得た)。まず、予約時に電話でどのような関連があるかを伝える。次にスタッフの出身地の市町村の花が言えればグラスシャンパンを1杯プレゼント、卒業高校の校歌の最初の4文字が言えれば飲み物2,000円割引とサービス満載。価格は税込みで、同店ではサービス料は取っていない。
 オー グー ドゥ ジュールグループの代表でギャルソンの岡部一己氏は、「当店のディナーコースは5,250円、8,400円、10,500円の3種類ですが、新規のお客様を増やすためにもっとリーズナブルなコースを作ろうとスタッフと話し合った結果、単に安くしてもおもしろくない、とスタッフの出身地の食材を使ったコースにすることを決めました。東京はいろいろな地方出身者の方が集まっている場所ですから、同郷の方や出身校が同じ方に来ていただけると楽しいと思います」と語る。6月のコースを写真と共にご紹介しよう。


野菜たっぷりの茨城県コース

つくばエコ農園のお野菜のポトフ仕立て
つくばエコ農園のお野菜のポトフ仕立て
茨城 美野里のかおり鶏モモ肉の香草パン粉焼き
茨城 美野里のかおり鶏モモ肉の香草パン粉焼き

 まず初めの前菜は、黄色い花が舞うレイノーの皿に盛られた「つくばエコ農園のお野菜のポトフ仕立て」。筑波山のふもとにあるつくばエコ農園の無農薬野菜をふんだんに使用した一皿だ。ホタテや貝で取っただし汁の中に、ボイルしたカリフラワー、大根、黄ニンジン、ナスと、フリットにしたスティックセニョール、紅あずま、ゴボウがひしめき合っている。特に印象的なのは紅あずま。聞くと茨城県はサツマイモの生産量が全国第2位とのことだ。調理のポイントは野菜に塩で下味をつけること。これを怠ると味がぼやけてしまうそうだ。
 続いて同店夏の人気メニュー「茨城県産トウモロコシの冷たいポタージュ」。生食できるトウモロコシ「味来(みらい)」とタマネギの冷たいピューレと7分立ての生クリームを6対4の割合で合わせる。ふんわりとした食感と身体に染み渡る甘みが印象的で、直径15センチほどのボウルにたっぷり注がれたスープはすぐに空になった。メインディッシュは、「茨城 美野里のかおり鶏モモ肉の香草パン粉焼き」。かおり鶏にマスタードを塗り、香草パン粉を付けてディアボロ風に焼き上げている。しっかりとした味わいが特徴で、たっぷりの量のインゲンも食べ応えがある。デザートは酸味のあるエペスクリームを使った同店定番のフワフワ生地のロールケーキ。ベルベーヌのハーブティーに小菓子と大満足のボリュームだ。この味とボリュームならば新規のお客様に好印象を与え、再来店につながるに間違いない。
 「このフェアーを通じて新たな食材に出合うことができました」と岡部氏。食後に厨房へお邪魔し中村シェフにお話を伺うと「茨城県コースでは野菜が主役。8月からの京都コース内容を考えるのも楽しみです」とのこと。若い料理人さんたちが疲れも見せずに明るい笑顔で迎えてくださり、爽やかな印象を受けた。岡部氏は「料理人、ギャルソンである前に、1人の社会人としての自覚を持つこと」を伝えているそうだ。ちなみに中村シェフは7月25日から9月22日まで軽井沢で開催される夏季限定レストラン「Cu-Cal in 軽井沢」にも出店予定だ。また新しい食材との出合いが待っていることだろう。

(文、写真/柏田 綾)


スタッフ出身地フェアーのスケジュール

(予定、年末年始休)
開催日 フェアー 出身地 出身校
6月1日〜7月31日 中村氏の出身地茨城県フェアー 坂東市 県立岩井高校
8月1日〜9月30日 岡部氏の出身地京都府フェアー 福知山市 府立福知山高校
10月1日〜10月31日 角口氏の出身地の千葉県フェアー 大網白里町 市立船橋高校
11月1日〜11月30日 桑原氏の出身地の埼玉県フェア— 川越市 県立川越西高校
12月1日〜12月31日 高橋氏の出身地愛知県フェアー 小牧市 県立犬山南高校
1月1日〜1月31日 南澤氏の出身地の東京都フェアー 八王子市 都立富士森高校

〈中村保晴氏の出身地 茨城県フェアー〉
7月編:4,200円(税込)
前菜:茨城県直送の温かい野菜達のハーモニー バジルの香り
ポタージュ:茨城県産トウモロコシの冷たいポタージュ
メイン:猿島町の山西牧場から届いた山西ポークのグリエ
デザート、コーヒー又は紅茶


Au goût du jour
東京都千代田区四番町4-8野村ビル1階
TEL:03-5213-3005
http://www.augoutdujour-group.com/

オープン 2002年10月10日
営業時間 11時30分〜14時(LO)/18時〜21時30分(LO)/月曜定休
平均客単価 昼3000円、夜1万円
店舗規模 30坪
客席数 26席
中心顧客層 昼・近隣企業に勤務する男女/夜・30代以上のOL 

TOPへ戻る